明るく、生きる。

両親からの虐待を克服し、明るく生きるための私の指針。

心の痛み

父から受けた暴力は、私のトラウマになっている。

 

以前の交際相手と口論をしているときに、相手が片手を少し上げただけで、殴られると思い体が委縮してしまいました。

 

 

 

私は殴られたことを忘れ、それを気にしないようにしようと努めていましたが、心の奥底にはあの恐怖が忘れられずにいました。

 

 

 

さらに私は妹が自分に反抗的な態度をとった時にもたたいてしまうのです。

 

まるで父と同じように。

 

 

 

私は自分のトラウマと向き合うために、父と話し合いました。

 

 

 

非行にも走っていない、親を殴ったこともない、学校で問題を起こしたわけでもない。

 

 

 

それなのに口の中が血だらけになるまで殴られたり、胸倉を掴まれて床にたたきつけられたりされて本当につらかった。

 

 

 

私はそう父に打ち明けました。

 

父はきっと少なからず申し訳なく思っているのだろうと、私は信じていました。

 

きっと殴っている本人も辛かったのだろうと。

 

しかし、父はお前は殴られて当たり前の人間だと言いました。

 

 

 

非行に走らなかったのは親がそう教育してやったからだ。

 

 

 

お前は生まれつき気性が荒く手が付けられない。

 

 

 

親と子供は対等ではない、思い上がるな。

 

 

 

子どもが親に反抗することが悪なのだ。

 

 

 

親に対して反抗的な態度をとったから力づくで黙らせたんだ。

 

 

 

父が全く申し訳なく思っていないし、謝るつもりもないと言ったとき、私は「ああ、父は私のことは本当の意味で大切には思ってくれていなかったのだ」と思いました。

 

 

 

そのとき、私は決定的な何かを感じました。

 

この人たちと私は絶対に相いれることはないのだと。

 

父と母は親が絶対であり子供は服従すべきという考えの持ち主で、私は対等性と一個人としての尊重を求めていました。

 

 

 

根本が違うのです。

 

分かり合おうとする努力さえも無駄なのです。

 

 

 

私は親に気持ちを理解してもらいたいという希望を諦めました。